橋下徹氏 菅新総裁誕生に「うれしい」も「批判する所は批判」

15日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)では、安倍晋三首相(65)の辞任表明に伴う自民党総裁選で菅義偉内閣官房長官が第26代総裁に選出されたことを報じた。岸田文雄政調会長が2位、石破茂元幹事長は3位だった。
スタジオで生出演した元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)は、この結果について「正直に言うとうれしいです。菅さんとはずっと一緒にお仕事をさせてもらっていたし、大阪の政治行政で壁にぶつかった時に、菅さんの力でそれを突破して前に進めてくれた。大阪万博ね、あんなの普通決まるわけないんですよ。準備期間2年か3年ぐらいで、それを菅さんの大号令で日本政府がグーッと動いて大阪万博が決まった経緯もありますし」と本音を明かした。
一方で「うれしいという思いはあるんですが、ただもう僕はメディア側の立場ですから、チェックする所はチェックする、批判する所は批判するという所はしっかりやっていきたいと思います」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする