平井文夫氏、平沢勝栄氏が初入閣の理由を「オブラートに包んで言うと、若い頃は元気すぎた…」

15日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)では、安倍晋三首相(65)の辞任表明に伴う自民党総裁選で菅義偉内閣官房長官が第26代総裁に選出されたことを報じた。
番組では、自民党の平沢勝栄衆院議員が初入閣する可能性があることを伝えた。
これまで平沢氏が入閣しなかった理由について、コメンテーターで同局の平井文夫上席解説委員は「オブラートに包んで言うと、若い頃は元気すぎたんですけど、年とともに少し落ち着いてきたということでしょうね」と話した。
平沢氏は安倍晋三首相の小学生時代に家庭教師をしており、定規で頭をたたいたことがあるという。「定規の件も二説あって、(頭を)たたいたので安倍さんが怒って入れなかったというのと、家庭教師だったので身内ひいきみたいで入れてはまずいと、わざと入れなかったという二つありますね」とコメントした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする