天皇陛下が稲刈り=豪雨やコロナの影響気遣う

天皇陛下は15日、皇居内の生物学研究所脇の水田で、即位後2回目の稲刈りをされた。種もみまきから稲刈りまで一連の作業を今年初めて経験し、宮内庁を通じて感想を公表。「稲作への思いをより深めることができました」と記した。
豪雨被害や新型コロナウイルスの影響にも触れ、「農業に従事されている皆さんの御苦労もいかばかりかと思います」と気遣い、無事に収穫が行われることを願った。
この日の陛下は白の長袖シャツに紺のズボン、黒い長靴姿。うるち米のニホンマサリともち米のマンゲツモチの計20株を、しゃがんで鎌で刈り取った。同庁によると、今年の作柄は平年並み。収穫した米は宮中祭祀(さいし)の新嘗祭などに使われる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする