「相棒になくてはならない」共演した山西惇、芦名星さんの死を悼む

俳優の芦名星(あしな・せい)さんが、2020年9月14日に自宅マンションで亡くなったことが分かりました。36歳でした。
芦名星が逝去 ネット上で「残念でならない」「悲しすぎる」の声
突然すぎる芦名さんの訃報に、芸能界からは悲しみの声があがっています。
刑事ドラマ『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)で、芦名さんと共演した、俳優の山西惇(やまにし・あつし)さん。
自身のTwitterで、芦名さんの死を悼みました。
突然の事で言葉がありません。
週間フォトスの風間楓子、本当に魅力的で、相棒に無くてはならない女優さんでした。
心からご冥福をお祈りします。
@8024atc ーより引用
記者の『風間楓子』役で、同ドラマの2017年放送回から、定期的に出演していた芦名さん。
山西さんは共演者として、メインキャストにも劣らない存在感を見せる芦名さんを高く評価していたのでしょう。
芦名さんの役名をだし、「なくてはならない存在であった」と悲しみの胸中をつづりました。
早すぎる芦名さんの訃報に、同ドラマのファンからも悲しみの声が寄せられています。
・キャリアウーマンな風間楓子役が芦名さんの雰囲気にとても合っていたので、もう見られないなんて悲しすぎます。
・本当にショック。これからも芦名さんが見られるのを楽しみにしていたのに…。
・幅広い役をこなし、すべて魅力的でした。残念でなりません。
どんな役どころもストイックに演じる芦名さんに、山西さんだけでなく多くの人が魅了されていました。
この悲しみの声が、天国の芦名さんに届くことを祈るばかりです。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする