ベトナム籍の男が出頭「群馬で人を殺した」 ホテル経営の71歳女性殺害事件

前橋市のホテルで経営者の女性(71)が殺害された事件で、ベトナム国籍で住居不定の男(30)が東京都内の交番に出頭し、「群馬で人を殺した」などと申し出たことが15日、群馬県警への取材で分かった。県警は逮捕状が出ていた別事件の詐欺容疑で男を逮捕。身柄を移送し、女性殺害についても詳しく調べる。
県警によると、男は15日午前8時半ごろ、品川区の交番に出頭した。男は3日夜に群馬県大泉町から前橋市までのタクシー料金1万2030円を支払わなかった疑いで逮捕状が出ていた。
殺人事件は10日午前に発生。前橋市富士見町皆沢のホテル「ポエム」で、経営者で同所に住む堀越つる子さんが倒れているのを利用客が発見した。堀越さんは左肩の後ろを刺されており、搬送先の病院で死亡が確認された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする