柿渋成分「柿タンニン」が新型コロナウイルスを無害化 奈良県立医科大など発表

奈良県立医科大(橿原市)の伊藤利洋教授(免疫学)らの研究グループは15日、柿渋の主成分である「柿タンニン」が新型コロナウイルスを無害化することを確認したと発表した。研究成果について特許出願中で、今後製品化を目指す。
実験では、新型コロナウイルスを含んだ液体と唾液が入った試験管に濃度が異なる柿タンニンを加えて10分間置くなどした。その後、感染力のあるウイルスの数を測定したところ、高濃度の柿タンニンを加えた場合は、1万分の1以下に減少した。濃度が低いと、減少幅は小さくなった。
伊藤教授らによると、柿タンニンがウイルス表面のタンパク質にくっつくことでウイルスを無害化している可能性が推測されるが、詳しいメカニズムは不明という。同教授は「人の口腔(こうくう)内で直接証明したものではなく、渋柿を食べれば予防効果があるわけではない」と説明。「今後、予防効果がある製品を目指したい」と話した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする