任意団体会費を私的流用=大阪弁護士会が退会命令

大阪弁護士会は15日、同会の会員でつくる任意団体の会費を私的に流用したとして、吉村卓輝弁護士(38)に退会命令を出したと発表した。
弁護士会によると、吉村弁護士は2017年4月~18年3月、「会派」と呼ばれる任意団体で経理業務を担当。会費の徴収や管理を行っていたが、数十回にわたり計約1980万円を私的に流用するなどした。全額補填(ほてん)されたが、顧客の預かり金を無断で充てた疑いもあるという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする