遺族「悲しみ、どこにぶつければ」=熊谷6人殺害事件から5年

埼玉県熊谷市で2015年、6人が殺害された事件から5年となったことを受け、遺族の男性(47)が15日、都内で記者会見した。「怒りや悲しみをどこにぶつければいいのか分からない」と心境を語り、最高裁でペルー人の被告の無期懲役が確定する見通しとなったことに「家族のためこのままでは終わりたくない」と話した。
男性は、妻=当時(41)=と小学生だった娘2人を失った。「悲しみは変わらず、心の整理がつかない」と振り返った上で、「もう一度裁判をやってもらいたいという薄い望みがあった。司法とは何なのか」と最高裁決定を批判した。
事件は15年9月14~16日に発生。3軒の民家で住民計6人が殺害された。
強盗殺人などの罪に問われたナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(35)に対し、一審さいたま地裁は死刑を言い渡したが、二審東京高裁は心神耗弱状態だったとして無期懲役に減刑。検察は上告せず、最高裁は今月9日、被告側の上告を棄却する決定をした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする