元JALの「ジャンボ」 現在は空中消火機に

日本の航空業界を席捲した「ジャンボ」ことボーイング747。この退役後の運命は様々です。ところがそのなかでも、世界の「火のトラブル」に対処するヒーローに転身した稀有なものもありました。その経歴はどういったものなのでしょうか。
かつて日本の航空業界を席捲した「ジャンボジェット」ことボーイング747型機。JAL(日本航空)では2011(平成23)年に、ANA(全日空)では2014(平成26)年にそれぞれ退役し、いわゆる「ジャンボの時代」が終わりを告げました。
元JALの「ジャンボ」 世界を救う「火消しヒーロー」へ大変身 …の画像はこちら >>JALのボーイング747-400型機、JA8086(画像:Aero Icarus[CC BY-SA〈https://bit.ly/2FfFuK2〉])。
これらの航空会社から退役した「ジャンボ」は、今なお貨物機としてまだ世界の空を現役で飛んでいるもの、解体されたもの、はたまた映画のセットとして派手に壊されたもの……などなど様々です。そのなかでもひと際、大変身を遂げた「ジャンボ」があります。
JALで1991(平成3)年から2010(平成22)年まで使用されていた747-400型機のJA8086は、退役後、アメリカの航空機リースや販売を行う業者に引き取られます。2012(平成24)年、同国に本拠を置いていたエバーグリーン航空というところに籍を移し、そこで貨物型に改造されます。

ところがこのエバーグリーン航空、アメリカの航空会社のなかでもユニークなフライトを行う会社。ここから元JA8086(当時の機番はN492EV)は、大変身を遂げることになるのです。
エバーグリーン航空は2000年代中盤ころから、保有する「ジャンボ」を改造し、山火事などの大規模火災の際に、上空から消火剤などを散布する空中消火機「スーパータンカー」を運航する事業を開始します。ところが、2013年に同社は倒産。当時普通の貨物機だった元JALのボーイング747-400型機、元JA8086も2015年までは出番がない状態でした。
元JALの「ジャンボ」 世界を救う「火消しヒーロー」へ大変身 …の画像はこちら >>「スピリット・オブ・ジョン・ミューア」として生まれ変わった元JALのJA8086(画像:Global Super Tanker)。
その後同国のグローバル・スーパータンカー・サービシーズという会社が立ち上がり、エバーグリーン航空の空中消火機事業を引き継ぎます。このとき、新たな次世代の空中消火機として選ばれたのが、元JA8086です。2016年「The Spirit of John Muir(スピリット・オブ・ジョン・ミューア)」(機番:N744ST)として、元JA8086は全世界を股にかける世界最大の空中消火機としてデビューします。
この「スピリット・オブ・ジョン・ミューア」に搭載できる水や消火薬剤は約7万3000L。これらの補給も30分でできるそうです。もちろん、ジェット旅客機の「ジャンボ」がベースなので、全世界にも20時間以内で消防活動を開始することができるといいます。
デビュー後の「スピリット・オブ・ジョン・ミューア」は、イスラエル、チリ、ボリビアやなどでも消火を担当したほか、直近では9月のアメリカ・カリフォルニア州の森林火災の消火にあたるなど、2020年に入っても世界の森の「火のトラブル」を救うヒーローとして活躍しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする