母親の恋人に妊娠させられた10歳少女 中絶を認めない医師に批判集まる

(Giulio_Fornasar/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)海外では、望まない妊娠をした女性の中絶を認めないという国が少なくない。また、そういう国では強姦被害など合法な理由があったとしても、中絶の希望を受け入れない病院が圧倒的に多いという。そんな話題がアルゼンチンから伝えられた。

■ブラジルの被害者少女は…じつは最近、ブラジル・エスピリトサント州でも10歳の少女が叔父に強姦されて妊娠する事件が起き、そちらと比較する記事も多い。その少女の場合、活動家の強い反発で病院が中絶手術を拒否したが、裁判官の介入で手続きが進み、先月中旬に自宅から900キロメートルも離れた土地の病院で中絶手術が行われた。幼い年齢での出産は危険なものだが、なぜアルゼンチンの少女は中絶を許されなかったのか、命を軽視していると医師に対し批判が集まっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする