在特会元幹部、二審も罰金=ヘイトで名誉毀損認定―大阪高裁

ヘイトスピーチで学校法人京都朝鮮学園の名誉を傷つけたとして、名誉毀損(きそん)罪に問われた「在日特権を許さない市民の会(在特会)」元幹部、西村斉被告(51)の控訴審判決が14日、大阪高裁であった。長井秀典裁判長は罰金50万円とした一審判決を支持、被告側控訴を棄却した。被告側は上告する方針。
長井裁判長は、被告の「この朝鮮学校が日本人を拉致している」などとしたスピーチについて、昨年11月の一審京都地裁同様、同校の評価を低下させると判断。同罪の成立を認め、被告側の「言い間違いだ」などとする無罪主張を退けた。
判決によると、西村被告は2017年4月、京都市南区の朝鮮学校跡近くの公園で拡声器を使い、「この朝鮮学校は日本人を拉致し、校長は国際手配されている」などと発言し、動画をインターネットで公開した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする