突然動けなくなった愛犬 心配して病院に連れて行くと? 「笑った」「なんということ」

柴犬のハルさんと暮らす、漫画家の石原 雄(@K5dbZRmjNe77i5r)さん。
ある日のこと、突然ハルさんが前脚をかばうように、歩けなくなってしまったといいます。
翌日、心配した石原さんが病院に連れていくと…。
犬が突然歩けなくなったけど翌日には全く大したことなかった件 pic.twitter.com/YsPmmgzkAW
医師の診断は「よくある、ちょっとした関節炎」とのことでした。大事ではないと知り、石原さんもホッとひと安心。
「歩けなくなることは、よくあることなのか」を尋ねてみると、医師は遠慮がちにこう述べました。
「ほかの犬が全然どうってことない痛みでも、すごーく慎重になるんです。柴犬って」
どうやら、ハルさんはちょっぴりオーバーリアクションだった様子。
ネット上には、同様の経験をした飼い主の声が多数届いています。
・たまに仮病を使う子もいるみたいですね。ずる賢くてかわいい!ハルさんが大事なくよかったです。
・うちの子とまったく同じ!先日、前脚を上げたまま歩かなくなったので病院に行ったら「柴は大袈裟な犬なので…」と同じようにいわれました。
・うちも前脚をブラブラさせて「痛いんです、もう歩けないんです」ってアピールしますが、数秒後にはボール追いかけて走っていました。
飼い主が「大丈夫?」と優しく心配してくれるのが、きっと嬉しいのでしょう。
ちなみに、ハルさんはこの後、痛み止めの注射を打たれたとのこと。
「いや、そこまでじゃないんだけど…」と慌てる姿が目に浮かびますね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする