週間天気 秋雨前線の影響しばらく続く シルバーウィークも?

週間天気 秋雨前線の影響しばらく続く シルバーウィークも?の画像はこちら >>
この先も日本列島は秋雨前線や湿った空気の影響を受けやすいでしょう。曇りや雨の天気の日が多くなりそうです。
秋晴れ続かず

この先も秋雨前線や湿った空気の影響ですっきりしない天気の日が多くなりそうです。14日(月)から15日(火)は、高気圧の圏内の九州から東海、北陸では広く晴れそうです。関東から北海道は低気圧や前線、湿った空気の影響で雨が降りやすいでしょう。特に14日(月)は大気の不安定な状態が続き、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。16日(水)は秋雨前線が西から延びて、九州で雨が降りだしそうです。17日(木)以降は秋雨前線が日本列島に延び、また広い範囲で雨が降るでしょう。19日(土)からは4連休という方も多いかと思いますが、今のところ土日ほど雨の降る所が多くなりそうです。21日(月)と22日(火)は九州から東海を中心に晴れ間がでるでしょう。関東から北海道は雲が広がりやすく、雨の降る所もありそうです。先の予報ほど変わる可能性がありますので、最新の10日間予報をチェックしてみて下さい。
ムシムシする日が多く
最高気温は沖縄は30℃前後、九州から東北は28℃くらいの日が多くなりそうです。猛烈な暑さはありませんが、湿気が多く、ムシムシする日が多いでしょう。雨が降り、あまり気温の上がらない日もありそうです。服装で上手に調節して下さい。北海道は20℃に届かない日もあれば、25℃以上の夏日も。気温の変化が大きくなるでしょう。体調管理にお気をつけ下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする