血管が細い女性 『あるある』を描いた漫画に、「本当にソレ」「看護師を応援したい」

骨格や髪質など、身体の特徴は人それぞれ。
田辺ヒカリ(@hikari_tanabe)さんの場合は、自分の血管の細さを採血や点滴のたびに感じるといいます。
『血管の細い人あるある』ともいえる体験を漫画に描くと、同じタイプの人々から反響が上がりました。
血管に針を刺す必要がある際、田辺さんは看護師を困らせがちで…。
クリックすると画像を拡大します
クリックすると画像を拡大します
血管が細い人にありがちなことを描きました。採血や点滴の際には看護師さんを困らせがちです。すみません。でも採血や点滴が一回で決まらない人って、けっこういるんじゃないでしょうか?どうですか?#コミックエッセイ #エッセイ漫画 #漫画が読めるハッシュタグ #刺入 #体験談 pic.twitter.com/JBInxGKv36
新人からベテラン、『刺入の鬼』と呼ばれる看護師、『ラスボス』と呼べる医師まで登場して、やっと点滴の針が田辺さんの血管に刺さりました。
似た体験をしたことのある人は多く、「めちゃくちゃ分かる」と共感の声が相次いでいます。
・「血管が細いです」という自己申告が欠かせないくらい、針が刺さらない。
・採血の時、いつも看護師さんを全力で応援しています。
・血管の細さに自信があるので、毎回刺入できる勇者を待っています。
・「ここなら採血できる」と教えても、頑なに別の場所に針を刺されることも。なぜなの…。
・カルテを見たら、「血管に難あり」と書かれていました。自分と看護師のため、できるなら血管を太くしたいです。
また、少しでも血管に針が刺さりやすくなるよう、「事前に温める」などのアドバイスも寄せられていました。
技術や器具の進化によって、細い血管にも1回で針が刺さることが当たり前の時代は来るのでしょうか。
ラストに現れた医師のような技術力を持つ人に、感謝してもしきれませんね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする