伊勢谷友介の逮捕を受け東映が『決断』 その理由に「英断」「素晴らしい」

2020年9月8日に大麻取締法違反の疑いで逮捕された、俳優の伊勢谷友介氏。警察によると、伊勢谷氏は自宅で大麻を所持していたとのことです。
映画やドラマなど、数々の作品で俳優として名演を披露し、高い評価を得ていた伊勢谷氏の逮捕に多くの人が衝撃を受けました。
また、俳優やミュージシャンの不祥事によって出演作品や楽曲がいわゆる『お蔵入り』になることも多く、「あの作品が見られなくなるかもしれない」と心配する声も上がっています。
伊勢谷氏は2021年公開予定の映画『いのちの停車場』に脊髄(せきずい)損傷の四肢麻痺患者であり、IT企業の若き社長である江ノ原一誠役として出演予定。
逮捕される数日前の、2020年9月5日に追加キャストとして発表されたばかりでした。
そのため、ネットでは伊勢谷氏の逮捕が報じられると同映画の公開を心配する声が。そんな中、配給会社である『東映』は同月11日に撮影現場会見を行いました。
伊勢谷氏が出演する『いのちの停車場』について、東映の社長は「カットはせずに映画を完成させ、公開させることとした」と明かし、その理由としてこのようにコメントしています。
手塚社長は、映画が劇場に足を運び、有料で観賞する観客を対象にしたものであることを説明し、「テレビ放送やCMとは質が異なるものと思っている」と、その理由を挙げた。
さらに「作品と個人とは別のものであるという東映の見解の下、今回は作品を守るという判断をさせていただいた」と語り、理解を求めた。

産経ニュース ーより引用
前述したように、著名人が不祥事を起こすと関連作品が『お蔵入り』することは珍しくありません。
ですが、東映は制作チームや関連する企業と話し合った上で「作品と個人は別の物である。作品を守るという判断を下した」と発表したのです。
以前から不祥事による『お蔵入り』に対し、ネットでは「作品に罪はない」と訴える声が続出していました。
東映の思い切った判断に、「いい前例になってほしい」「これは英断。見たい人の権利も守ってほしい」といった声が上がっています。
とはいえ、薬物問題で逮捕された俳優の復帰については慎重に考える必要があるでしょう。作品とは切り離し、『個人』についてはしっかりと責任を追及しなくてはなりません。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする