福島から「ロボット産業革命」=災害現場再現、開発拠点の開所式

災害現場などを再現した環境でロボットの実証試験ができる研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」の開所式が12日、福島県南相馬市で開かれた。関連産業を集積し、「ロボット産業革命の地」への発展を目指す。
東日本大震災からの復興に向け、県沿岸部に先端産業を集める国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」の一環。総工費約156億円を投じ、東京ドーム10個分に当たる約50万平方メートルの敷地に、橋やトンネル、ドローン(小型無人機)用の滑走路、水没した市街地など21施設を整備した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする