片付け苦手な主婦が『断捨離』にチャレンジ! 激変した暮らしぶりがコチラ

みなさんは、次のような考え方で、『片付けられない生活』を続けていませんか。
・お客さんが家に来た時だけ、物を見えない所にしまって、キレイに片付けたつもり。
・収納が少ないから、そもそも片付けられない。
・子どもが小さいから、散らかって当たり前。
1LDKの賃貸マンションで暮らしているAさんは、片付けが苦手で、常に汚れた部屋で生活をしていました。
しかし、節約を心がけるようになってから、不要な物を減らす断捨離に火がつき、今までの暮らしが一変したそうです。
断捨離で物が少なくなったAさんの暮らしは、どのように変化したのでしょうか。
「部屋の乱れは心の乱れ」という言葉をよく聞きますが、散らかった部屋で過ごしていた時のAさんは、本当にすぐイライラしていました。
・部屋を片付けるのに時間がかかり、イライラ。
・家族に「あれってどこにあるの?」と何度も聞かれてイライラ。
・ないと思って買った物と、同じ物が後から出てきてイライラ。
機嫌の悪いAさんに影響を受けて、家族もイライラしてしまい、ケンカも多かったそうです。
そのうちに料理を作るのも楽しくなくなり、毎日キッチンに立つのが憂鬱になっていました。
そこで、キッチン回りを見直してみると…要らない物が大量にあることに気付いたのです。
・賞味期限切れの食材。
・数年使っていない調理器具。
・大量にある紙袋やポリ袋。
そこで、必要な物だけ残し整理したところ、作業がしやすくなりイライラも減少!

散らかっている時は食材も無駄にしていましたが、断捨離して片付けるようになってからは在庫を把握できるので、無駄に買うことがなく食費も自然と下がったそうです。
食費が下がったことで貯金も出来るようになり、心の余裕も生まれたAさん。家族とケンカすることも少なくなりました!
片付けが苦手だったAさんは、部屋が散らかっていると「めんどくさい」と思い、なかなか片付け始められませんでした。
そして気付いたら、アレもコレも片付けなきゃ…と重荷になり、負のスパイラル。
押入れの中に物を詰め込んでパンパンにしながら、「見えなければ問題ない」と収納した気になっていました。
収納場所がなく置き場所に困った物は、とりあえず机やカウンターの上に置いて、「収納スペースが少ないから片付けられない」と言い訳をしていたのです。
そこで、押入れや棚の中を見直すと…。
・見直したことがない書類。
・数年使っていない服。
・売ろうと思って、数年放置している物。
要らない物がたくさんあることに気付き、思い切って断捨離しました。
すると、物が減っただけでなく、収納するスペースが確保できたので、机やカウンターの上に物を置かないようになったのです。
要らない物を捨てれば、片付ける物や時間も必然的に減るので「めんどくさい」と思う前に片付けられるようになります!

Aさんは断捨離を始める前は、ただ「片付けが苦手だから部屋が散らかっている」と思っていました。
散らかっている本当の原因は「要らない物が多いから」ということに気付いていなかったのです。
そこで、次のような物を思い切って捨てることにします。
・壊れている物。
・捨てたいけれど、もったいないため、とりあえず置いている物。
・思い出があり、捨てられない物。
普段から使っていない物を中心に、思い切って断捨離しましたが、手放して後悔した物はないそうです。
本当に必要な物が分かったAさんは、何か買い足す時には「本当に必要な物か」を吟味して買うようになり、無駄遣いがなくなりました。
物を断捨離することで、家が片付き環境が変わりますが、環境が変わると暮らし方が変わってきます。
暮らし方が変わると考え方も変わってきて、自分がどう暮らしたいか見つめ直す時間が生まれるもの。
「ちょっと最近疲れるな…」「ささいなことにイライラしてしまう」と感じたら、Aさんのように断捨離をして、暮らしを変えてみませんか。
AIPONさんの記事はこちら
※記事中の写真はすべてイメージ
[文/AIPON 構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする