東・西日本と東北、大雨警戒=気象庁

九州から北陸沖を経て東北地方に延びる前線や関東沖の熱帯低気圧の影響で、12日は九州や中国地方西部、東北地方の太平洋側を中心に雨が降った。気象庁は西日本では13日まで、東日本と東北では14日まで大雨による土砂災害や河川の増水、低地の浸水に警戒するよう呼び掛けた。突風や落雷、ひょうにも注意が必要。
鹿児島県枕崎市では12日午前0時10分ごろまでの1時間に124.5ミリ、長崎市・野母崎では午前6時ごろまでの1時間に101.5ミリの猛烈な雨が降った。福島県新地町では午後5時40分までの24時間雨量が232.5ミリに上った。
13日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北200ミリ、四国150ミリ、北陸80ミリ、関東甲信と東海70ミリ。その後、14日午後6時までの同雨量は、東北100~150ミリ、関東甲信と北陸、東海50~100ミリ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする