石破茂氏「支持する国会議員が増えない」ことを「率直に反省」

自民党総裁選(14日投開票)に立候補した石破茂元幹事長(63)、菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)が12日、都内で日本記者クラブ主催の公開討論会に出席した。
石破氏にとっては4度目の総裁選。代表質問で「なぜ支持する国会議員が増えないのか?」と質問されると、「それぞれの方たちと食事をしたり、語らったりする機会が少なかったことは、率直に反省しなければいけない」と答えた。
その上で「自民党の総裁選は選挙の度にルールが変わる」と指摘。「毎回同じルールでしかるべき」と主張し、今回は石破氏人気が反映されるとみられる党員投票が行われないことに“恨み節”だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする