婚約延期の眞子さまに紀子さまがお言葉 玉川徹氏は「結婚は当人同士」

11日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、秋篠宮妃紀子さまがこの日、54歳の誕生日を迎えたことを報じた。
番組では誕生日に寄せた文書を紹介。紀子さまは、長女・眞子さまと小室圭さんとの婚約延期について「長女の結婚については、対話を重ねながら、親として娘の気持ちを受け止め、一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では、共感したり意見が違ったりすることもありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ、長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております。現状や見通しを含め、話したことの内容をお伝えすることは控えさせていただきます」とつづった。
コメンテーターで同局の玉川徹氏は、お2人の婚約延期に「個人の自由がこれだけ認められている日本国でありながら皇室だけは、あらゆる自由が制限されているわけです」とした上で、今回の紀子さまのお言葉に「大原則は当人同士の思いであるってずっと思っていて、今回の紀子さまのお言葉はホッとしますね。あぁ、やっぱりそうですよね、って。当人同士なんですもん結婚は」とコメントした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする