「特殊能力が得られるなら?」と聞かれたボーズマン その返答に、胸が締め付けられる

映画『ブラックパンサー』や『マーシャル 法廷を変えた男』など数々の作品に出演した俳優のチャドウィック・ボーズマンが2020年8月28日に他界しました。
43歳という若さでこの世を去ったチャドウィックは2016年にステージ3の大腸がんと診断され、それから4年にわたり闘病生活を送っていたということです。
チャドウィックの公式Twitterには8月28日に彼の旅立ちを報告する内容がツイートされました。
そして翌日、そのツイートがTwitter史上もっとも多くの『いいね』がつけられた投稿となったのです。
pic.twitter.com/aZ2JzDf5ai
チャドウィック・ボーズマンの死去を計り知れないほどの悲しみとともにお知らせします。
チャドウィックは2016年にステージ3の大腸がんと診断され、この4年間闘病してきましたが、ステージ4になりました。
真のファイターであるチャドウィックはすべてを耐え抜き、みなさんが愛した多くの映画を届けました。
『マーシャル 法廷を変えた男』から『ザ・ファイブ・ブラッズ』『Ma Rainey’s Black Bottom(原題)』などは、数えきれないほどの手術や化学療法の合間に撮影されました。
『ブラックパンサー』のティ・チャラ王に命を吹き込んだことは彼のキャリアにおいて名誉なことでした。
彼は自宅で妻と家族に見守られながら息を引き取りました。
家族はみなさんの愛と祈りに感謝し、この困難な時に引き続きプライバシーを尊重していただくことをお願いいたします。
@chadwickboseman ーより引用(和訳)
Twitterはこの投稿をリツイートし、「史上最多の『いいね』がつけられたツイート。この弔辞はキングにふさわしい」「#WakandaForever」とチャドウィックが演じたティ・チャラ王にちなんだメッセージを添えて彼の人生を称えました。
Most liked Tweet ever. A tribute fit for a King. #WakandaForever https://t.co/lpyzmnIVoP
チャドウィックが亡くなった後、彼の過去の出演動画などが再び注目を集めています。
その中でも印象的なのが2018年2月に放送された番組でのインタビューです。
司会者のラリー・キングから「現実の世界で得られたらいいなと思う特殊な能力は何?」と質問されたチャドウィックは笑顔でこう答えました。
時間を一時的に止められたらいいなと思います。
Larry King ーより引用(和訳)
当時、チャドウィックは人知れず闘病していました。
彼の口から出た「時間を止めたい」という言葉は本気で心から願っていたことなのではないでしょうか。
Chadwick Boseman(@chadwickboseman)がシェアした投稿 – 2018年 5月月31日午後12時34分PDT
病気と闘っていることを4年間も隠し続け、映画で演じたティ・チャラ王のように誇り高くこの世を去ったチャドウィック・ボーズマン。
これからもファンの心によみがえるのはいつでも、輝くような笑顔の彼の姿であることでしょう。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする