ダイハツが「副業・兼業人材」を公募、勤務地限定せず出社は月1回程度

ダイハツ工業は9月10日、「副業・兼業」として働く外部人材を受け入れる取り組みを始めると発表した。まずはMaaS(Mobility as a Service)を中心とした新規事業分野で人材募集を開始。技術革新や社会生活の変化によって自動車業界に大きな変革が迫られる中、企業や業種の垣根を越えて優秀な人材を活用し、成長分野の強化を図る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする