週間天気 土日も雨雲発達 秋雨前線停滞か 涼しくなる所も

週間天気 土日も雨雲発達 秋雨前線停滞か 涼しくなる所もの画像はこちら >>
土日は「大雨」と「気温の変化」に注意が必要です。所々で雷が鳴り、バケツをひっくり返したような雨の降る恐れがあります。来週にかけても、秋雨前線の影響で、曇りや雨の日が多いでしょう。一時的に涼しくなる所もありますので、服装選びにもお気をつけください。
天気のポイントは?

この先1週間の「週間天気図」をみると、本州付近には、低気圧や前線が予想される日が多くなっています。このため天気のポイントは「全国的に曇りや雨の日が多く、局地的に雨雲が発達すること」です。12日土曜は、東北南部や関東から西の広い範囲で、大気の状態が不安定になり、激しい雨や雷雨の所もあるでしょう。大阪など晴れマークの所も、午後は天気の急な変化に、注意が必要です。ゴロゴロという音が聞こえたり、急にヒンヤリした風が吹いたり、空が暗くなったりしたら、雷雲が近づくサインです。すぐに、頑丈な建物など、安全な所へ避難してください。13日曜も、全国的にお出かけに傘が必要でしょう。特に、日本海の低気圧に近い、北陸や東北、北海道で、雨脚の強まる恐れがあります。14日月曜と15日火曜も、関東から北は雨の降る時間があるでしょう。一方、東海から西では晴れますので、洗濯など、日差しを有効にお使いください。16日水曜以降は、また、全国的にぐずついた天気になりそうです。
気温のポイントは?
気温は、この先1週間は、関東から北を中心に、平年並みか、やや高い日が多いでしょう。ただ、「急に涼しくなる日がある」というのがポイントです。東京では、11日金曜は、午前中から気温がすでに30度を超えましたが、12日土曜は、日中も気温があまり上がらないでしょう。最高気温は27度と、この時期らしい気温になりそうです。ただ、この涼しさは一時的で、13日日曜と14日月曜は、また30度くらいまで上がるでしょう。北海道や東北も、来週は、朝晩は秋めいてくる日もあり、札幌では14日月曜の最低気温は15度を下回るでしょう。仙台は15日火曜と16日水曜に、最低気温が20度を下回る予想です。一方、東海から西は、来週前半にかけて、最高気温が30度以上の所もあるでしょう。名古屋は土日とも33度と、厳しい残暑が続きそうです。ただ、来週後半は、名古屋や大阪でも、最高気温が30度に届かない日が続きそうです。この先は、気温の変化が大きくなりますので、服装選びにご注意ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする