熊本県出身のスザンヌ 『墓参り前の行動』に「素晴らしい」の声が続出

熊本県出身のタレントであるスザンヌさんが、2020年9月9日にInstagramを更新。
『令和2年7月豪雨』で被災した熊本県人吉市の小学校を訪れ、ボランティア活動を行ったことを報告しました。
※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。
A post shared by スサンヌ (@suzanneeee1028) on Sep 9, 2020 at 6:17am PDT
今日行ってみて前回とは見違えるように復興している場所もありましたまたまた大変な場所、片付いていない場所もたくさんありました見ていないところもまだまだあると思います。
これからも、どんなかたちであっても子ともたちのくすっとニコッの瞬間を増やせるような活動を続けていけるように頑張ります
いろんな優しさが巡り巡って届いてほしい人に届きますように
suzanneeee1028 ーより引用
災害発生後、自身がクリエイティブディレクターを務めるシューズブランド『セレンセクール』の売上金100万円に加え、個人としての寄付金も熊本県南部の集中豪雨災害支援に充てたスザンヌさん。
「ありがとう」の声 熊本出身のスザンヌ 被災した地元のために?
同年7月には、ロックバンド『MAN WITH A MISSION』の支援プロジェクト『#サポウィズ』や、幼馴染、妹などの協力を得て、人吉市の小学校2校に駄菓子などのプレゼントを500セット届けていました。
今回は第2弾として、小学校2校に630セットのプレゼントを届けたそうです。
支援を続けるスザンヌさんに対し、人々から感謝の声が多数寄せられました。
・大変な時に手を差し伸べることは、なかなかできません。素晴らしいです。
・人吉市民としてお礼を申し上げます。ありがとうございます!
・子供たち、みんな喜んでいましたよ!お菓子袋の中身を見せてもらいましたが、たくさん入っていました。
ボランティア活動後、祖父の墓参りにも行ったというスザンヌさん。
人々のため継続して支援を続ける優しさに、きっと祖父も笑顔を浮かべていることでしょう。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする