羽田イノベーションシティー、自律走行バスの定常運行を実施

鹿島建設やJR東日本など9社が出資する羽田みらい開発(東京都大田区)は9月11日、同社が開発を進める羽田イノベーションシティー(HICity)内で、自律走行バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」の定常運行を18日に開始すると発表した。鹿島建設や、日本交通、ソフトバンクの子会社BOLDLY(東京都千代田区)と、半導体商社のマクニカ(横浜市)が協力する。

自律走行バスのNAVYA ARMAは、社内にハンドルやブレーキペダルなどがなく、BOLDLYが開発する自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を使って遠隔地で運行の管理、監視を行う。車内にはオペレーターが乗車し、緊急時には手動で操作をする。午前10時半~午後4時半まで定期的に巡回し、HICityの来訪者であれば誰でも無料で乗車することができる。車両のラッピングは、施設コンセプトである先端産業と文化産業の融合をイメージしているという。

また、自律走行低速電動カートを使って、HICity内のイノベーションコリドーを往復する実証実験も行う。今後は、車種の異なる複数の自動運転車両を安全、かつ効率的に運行することを見据えて、遠隔地のオペレーターがNAVYA ARMAと自律走行低速電動カートを同時に管理する実証実験も行っていくという。

7月3日に先行開業したHICityは、羽田空港の旧ターミナル跡地に建設され、2022年のグランドオープンを予定している。先端技術の実証実験を行う施設や、日本文化を体験できる施設などを設け、日本初の「スマートエアポートシティー」の構築を目指している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする