安倍首相は本当に病気なのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず、「敵基地攻撃能力保有」ぶちあげ最後のレガシーづくりにやる気満々

最悪の“最後っ屁”を安倍首相がぶちかましてきた。安倍首相は本日、安全保障政策の新たな方針に関する談話を発表。このなかで〈迎撃能力を向上させるだけで本当に国民の命と平和な暮らしを守り抜くことが出来るのか〉〈そういった問題意識の下、抑止力を強化するため、ミサイル阻止に関する安全保障政策の新たな方針を検討してまいりました〉としたうえ、〈今年末までに、あるべき方策を示し、我が国を取り巻く厳しい安全保障環境に対応していく〉などとぶちあげたのだ。
「ミサイル阻止」などという曖昧な言葉でごまかしているが、これは、安倍首相が以前から示唆してきた「敵基地攻撃能力」の保有に向けて政府が検討に動き出す、ということだ。
発表された談話には〈この検討は、憲法の範囲内において、国際法を遵守しつつ、行われているものであり、専守防衛の考え方については、いささかの変更もありません〉とあるが、敵のミサイル発射拠点を破壊する「敵基地攻撃」は国際法にも憲法にも反する先制攻撃にほかならず、第二次世界大戦の反省から日本が原則としてきた専守防衛から逸脱するものであり、この談話は暴挙以外の何物でもない。
いや、問題はそれ以前だろう。そもそも安倍首相は、辞任理由について「病気と治療を抱え、体力が万全でないというなか、大切な政治判断を誤る、結果を出せないことがあってはならない」と語っていたのではなかったか。
「政治判断を誤る」恐れがあると自覚しているというのに、しかも今後、総理大臣としてこの方針に責任もとれないというのに、国の方向性を左右する重大な談話を発表する──。はっきりと言っておくが、辞任を発表した時点で、安倍首相はこうした方針を打ち出す資格は断じてないし、立場にもない。

だが、安倍首相はこれを最後の「レガシー」にしたいのだろう。実際、安倍首相はこの国の防衛戦略の基本姿勢である専守防衛も、さらには国際法上も憲法上も認められない先制攻撃についても、これまでも容認するかのような発言をおこなってきた。
たとえば、安倍首相は2018年2月14日の衆院予算委員会で、専守防衛について「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しい」と言い、「あえて申し上げたい」と前置きして、こんな主張を繰り広げていた。
「(専守防衛は)相手からの第一撃を事実上甘受し、かつ国土が戦場になりかねないものでもあります。その上、今日においては、防衛装備は精密誘導により命中精度が極めて高くなっています。ひとたび攻撃を受ければこれを回避することは難しく、この結果、先に攻撃したほうが圧倒的に有利になっているのが現実であります」
「先に攻撃したほうが圧倒的に有利」って、そんなことをしでかしたほうが国土は火の海になり、国際社会からも「ならず者国家」として非難を浴びる。よくもまあこんな物騒な答弁をしたものだと思うが、本日の敵基地攻撃能力保有を談話はその総仕上げというわけだ。
その上、本日の談話では、安保法制を〈私が内閣総理大臣の任に就いて7年8ヶ月、我が国の安全保障政策に大きな進展がありました〉〈平和安全法制を成立させ、日米同盟はより強固なものとなりました〉と自画自賛。憲法破壊だと指摘され、国民からも大きな反対の声が起こったあの安保法制という暴挙を、最後の最後に“功績”として自分で褒め称えているのである。

最後まで王様気分で自分の欲望を隠さない、この厚かましく恥知らずな姿勢──。しかも、退陣を目の前にして「レガシー」をぶち上げたり、自画自賛したりする以前に、ぜひ安倍首相には説明していただきたいことがある。それは辞任理由として挙げた持病の悪化について、だ。
というのも、じつは安倍首相、健康不安説の決定打となった8月24日の2度目の慶應義塾大学病院入り以降、同院を受診していないのである。
8月28日の辞意表明会見で安倍首相は、「今後の治療」についてこう語っていた。
「現在の薬に加えまして、さらに新しい薬の投与をおこなうことといたしました。今週初めの再検診においては、投薬の効果があるということは確認されたものの、この投薬はある程度継続的な処方が必要であり、予断は許しません」「新しいお薬を使いまして、2回目のときにですね、検査もおこなったんですが、効果が出ているということでございました」 この「新しい薬」について、安倍首相の辞任をスクープしたNHKの岩田明子記者は「レミケード」だと解説していた。レミケードは点滴投与されるものだというが、しかし安倍首相は8月24日以降、慶應病院を受診したとは一切報じられていない。
実際、首相動静を見ても、8月24日の受診以降、病院を訪れたのは9月9日の午前中に「歯の治療」のために日本歯科大付属病院を受診しただけ。この日以外は、平日は午前に私邸から官邸・公邸に出向き遅くても18時30分ごろまでに官邸を出て私邸に直帰。土日も、台風10号にかんする関係閣僚会議などに出席した9月6日以外は私邸で終日過ごしている。

たしかに点滴治療くらいであれば公邸や私邸でも受けられるだろう。だが、安倍首相は周知のとおり、辞意を表明する前は2週連続で慶應病院を受診し、しかもその情報は前夜からマスコミに流れ、その結果、慶應病院前にはマスコミが大挙して駆けつけ、車で病院入りする様子が大々的に報じられた。辞意表明する前ならば秘密裏に治療を受けることも考えられるが、それもせず、なのに体調悪化を説明して辞意表明したあとにわざわざ秘密裏に治療を受ける必要など、どこにもないのだ。ところが、辞意表明後は受診した形跡さえない──。
大前提として、総理をつづけられないほどに持病が悪化しているならばすぐに首相臨時代理を立てて辞任し休養をとるはずだが、辞意表明会見でも「幸い、いま新しい薬が効いておりますので(次の総理が決まるまで)しっかりと務めていきたい」「私の体調のほうはですね、基本的には、その間(次期総裁が決めるまで)は絶対に大丈夫」と自ら太鼓判を押していた安倍首相。そして、辞意表明前はメディアに事前情報が流れるかたちで2週連続で通院したのに、辞意表明後はそれもなし……。こうした点を考えても、結局、安倍首相が辞任を決めたのは「持病の悪化」というよりも、新型コロナ対策で国民からの厳しい批判に晒され、国会を閉会しても内閣支持率が上昇せず、悲願の任期中の改憲や東京五輪開催にも暗雲が立ち込め、嫌気がさしたというのが本音なのだろう。
それが、国民からの同情を買おうと「持病の悪化」を理由に辞意を表明したら、案の定、支持率が急増。これにすっかり気をよくし、改憲を自身の手で果たせなかったことの代わりに、憲法を骨抜きにする敵基地攻撃能力の保有に向けた「ミサイル阻止」を「レガシー」にしようとしているのだ。

いや、それどころか、安倍応援団からは「安倍第3次政権」に期待を寄せる声まであがっており、今回の談話は「さすが安倍総理」「やはり安倍総理しかいない」などと極右の期待に拍車をかけるのは間違いない。事実上の次期総理である菅義偉官房長官のポンコツぶりや、国民がすっかり安倍首相に同情を寄せていることを考えても、安倍首相がすでに再登板を狙っている可能性さえある。
そんなことが現実になれば、まさしく悪夢に次ぐ悪夢というほかないが、そんな身勝手を許さないためにも、この最後っ屁となる談話を含め、安倍政権の約8年間に対する徹底した検証・批判が必要なのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする