ホテル経営の71歳女性死亡=肩に刺し傷、殺人で捜査―群馬県警

10日午前9時50分ごろ、前橋市富士見町皆沢のホテル「ポエム」の利用者から「女性が出血して倒れている」と110番があった。群馬県警前橋署員が駆け付けたところ、経営者で同所に住む堀越つる子さん(71)が敷地内の通路で倒れており、搬送先の病院で死亡した。左肩に刺し傷があったことなどから県警は殺人事件と断定、同署に捜査本部を設置した。
ホテルは赤城山麓にあり、戸建ての客室が環状の通路と中庭を囲んで立ち並ぶ形式。堀越さんは通路の雨よけ部分の下でうつぶせに倒れていたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする