台風4号、3日未明最接近=沖縄・先島諸島は暴風警戒―気象庁

台風4号は2日夜、沖縄県・石垣島の南海上を北上した。3日未明から明け方にかけ、石垣島など先島諸島に最接近するとみられ、気象庁は暴風に厳重に警戒するよう呼び掛けた。高波や大雨も予想される。4日には中国大陸に上陸する見込み。
4号は2日午後10時、石垣島の南約70キロの海上を時速15キロで北北西へ進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。東側330キロ以内と西側165キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
沖縄県石垣市では2日午後9時25分ごろ、最大瞬間風速24.1メートルを観測した。先島諸島の3日の最大瞬間風速は35~40メートル、波の高さは6メートルと予想される。4日午前0時までの24時間予想雨量は多い所で、八重山地方200ミリ、宮古島120ミリ。
一方、超大型の台風3号は2日午後、ベトナム北部に上陸し、夜には熱帯低気圧に変わった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする