たばこ増税で JT、224銘柄値上げ

JT(日本たばこ産業株式会社)は10月1日からのたばこ増税などに伴い、たばこの価格を値上げすると発表した。1箱当たり主として50円の値上げを行なう。値上げをするのは、紙巻136銘柄、葉巻16銘柄、パイプ3銘柄、刻み3銘柄、かぎ18銘柄、加熱式48銘柄の計224銘柄。

代表的な改定価格は、以下の通り。

紙巻たばこ

ナチュラル アメリカン スピリット:現行530円→改定570円

セブンスター、ピース(20本入):現行510円→改定560円

メビウス、ピアニッシモ:現行490円→改定540円

ウィンストン:現行450円→改定500円

キャメル:現行400円→改定450円

加熱式たばこ

メビウス・プルーム・テック専用:現行490円→改定540円

メビウス・プルーム・テック・プラス専用:現行500円→改定550円

メビウス・プルーム・エス用:現行490円→改定540円

キャメル・プルーム・エス用:現行460円→改定500円

今回の値上げについて、JTは「国内たばこ市場は、成年人口の減少や高齢化などの構造的要因、喫煙規制の強化などの影響により、販売数量の減少が継続しており、品質・ブランド価値の維持に要するコストは上昇している」とした上で、「今回のたばこ税増税(1.0 円/本)、加熱式たばこ及び軽量な葉巻たばこの課税方式の変更に際し、今後のコスト上昇を踏まえ検討を重ねた結果、一部銘柄を除き増税分以上の定価改定を行うこととした」とコメントした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする