関東甲信と東海、梅雨明け=気象庁

気象庁は1日、関東甲信と東海地方が梅雨明けしたとみられると発表した。いずれも昨年より8日、平年より11日遅かった。今後1週間、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。
関東甲信の梅雨期間中の6月11日から7月31日までの総雨量は、甲府市が642.0ミリ、千葉市が612.0ミリ、長野市が462.5ミリで、いずれも平年の2倍を超えた。東京都心(千代田区)は472.0ミリで、平年の1.6倍だった。
一方、東海の梅雨期間中の6月10日から7月31日までの総雨量は、静岡市が1189.5ミリで平年の2.3倍、名古屋市が635.0ミリで平年の1.7倍だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする