元国税局職員ら逮捕=大麻栽培、密売容疑―北海道警

マンションなどで大麻を栽培し密売したとして、北海道警は1日までに、大麻取締法違反(営利目的譲渡など)容疑で元札幌国税局職員の無職遠藤恵介容疑者(45)=札幌市豊平区旭町=ら2人を逮捕し、大麻草約1000株を押収した。いずれも容疑を認めているという。
他に逮捕したのは、無職大崎翔太郎容疑者(22)=大阪府寝屋川市上神田=。容疑は3月ごろ、共謀して札幌市内のマンションなどで栽培した乾燥大麻約30グラムを、北海道旭川市の男性に数万円で販売したなどの疑い。
道警は6月、国税当局から「職員が大麻を栽培している疑いがある」と通報を受け捜査。同24日、遠藤容疑者が管理していたマンションを捜索したところ、大麻草や栽培に使用する照明器具などが見つかった。
遠藤容疑者は税務調査などを行う資料調査課に勤務。同国税局は7月22日付で懲戒免職とした。札幌市内で記者会見した秋元秀仁総務部長は「公務員としてあるまじき行為で、深くおわびする」と謝罪した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする