強殺容疑者の姉逮捕=被害者の6700万円受領疑い―広島県警

広島市の無職山崎好恵さん(64)が殺害された強盗殺人事件で、広島県警は1日、鍼灸(しんきゅう)師森岡俊文容疑者(58)から山崎さん所有の現金6700万円を受け取ったとして、組織的犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで姉の介護職川添恵子容疑者(67)=同市中区=を逮捕した。
逮捕容疑は4月4~19日ごろ、広島市西区の森岡容疑者の当時の自宅などで、山崎さんを殺害し奪った金と知りながら、3回にわたり計6700万円を受け取った疑い。
県警によると、強盗殺人容疑で逮捕した森岡容疑者の供述などから、奪われた金が川添容疑者に渡っていたことが判明。詳しい使途などを調べる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする