資生堂が銀座に「SHISEIDO」初のブランド旗艦店 – 3フロアで美を体験

資生堂は7月31日、世界88の国と地域で展開している「SHISEIDO」の初のブランド旗艦店「SHISEIDO GLOBAL FLAGSHIP STORE」を創業の地・銀座にグランドオープンした。オープンに先がけて30日、発表会と打ち水のセレモニーが行われた。

最新テクノロジーとヒューマンタッチを融合
同店は、ブランドの世界観を発信し、最新のテクノロジーとヒューマンタッチを融合させた美の体験を提供する施設。ビルの3フロアを使用し、SHISEIDOが展開する路面店として世界最大規模の店舗面積となる。

「SHISEIDO」は、資生堂の名を冠する唯一のブランド。最新のスキンケアやメイクアップがもたらす外面の美しさが自信と活力につながって、内面からもいきいきとした美しさを引き出し、美の循環を生むという考え方”ALIVE with Beauty”をブランドコンセプトとしている。同店は、ブランドが目指す”ALIVE with Beauty”を体現した店舗となる。

店舗のデザインコンセプトは、”Japanese Digital Garden”。日本的な美意識と自然を象徴する 日本庭園をモチーフとし、和紙や木、西陣織などにインスパイアされた素材、水音、光のゆらぎなどを取り入れた。

なお、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、検温、手指とテスターの消毒、マスク着用ほか飛沫防止策、ソーシャルディスタンスなどの感染対策とともに、コンテンツにも非接触型の新しい取り組みを導入している。

美容液「アルティミューン」の限定”赤”のパッケージ
同店では、スキンケア、メイクアップほかブランドが展開する全商品ラインナップに加え、店舗限定商品も販売する。

SHISEIDOを象徴する美容液「アルティミューン」の店舗限定商品が「SHISEIDO アルティミューン パワライジングコンセントレート N ギンザフラッグシップ リミテッドエディション」(75mL/税別1万6,000円)。

アルティミューンは、肌本来がもつ美しさを守り抜き、なめらかさ、ハリ、明るさのある肌へ導く美容液。ブランドを象徴する赤が印象的な限定パッケージとなっている。
1階: 最新テクノロジーで”美と遊ぶ”
1階のコンセプトは”美と遊ぶ”。五感と遊び心で、楽しみながら自分らしい美しさが見つかる。

スキンケア商品のデジタルテスター、メイクアップ商品をかざすと商品情報や自分の顔で商品の仕上がりイメージが確認できるナビゲーター、写真を撮るだけでファンデーション30色の中からぴったりの色を測定し試せるデジタルテスターでブランドアイテムを体験できる。

手をかざすだけでアルティミューン美容液が出てくるオートテスター、アルティミューン美容液専用販売マシンも用意されている。

2階: プロフェッショナルの手で”美をつくりだす”
2階のコンセプトは、”美をつくりだす”。一人ひとりの美しさを、プロフェッショナルの手で引き出す。

アプリを使用したスキンケアやメイクアップの個別無料レッスンのほか、アルティミューン美容液や一部対象の口紅の購入で利用できるメッセージやイラストの無料刻印サービス、自由に選べる無料ラッピングサービスが受けられる。

地下1階: メディテーション体験で”美がめざめる”
地下1階のコンセプトは、”美がめざめる”。日常と束の間のリセット、新たな美しさのチャージを行うフロアとなっている。

日本初導入のメディテーションカプセル「SOMADOME(ソマドーム)」内で五感(音、光、香り、温感) にアプローチ。音声ガイドを通じてセルフで行う先端メディテーション体験となっている。 要予約、体験時間約30分、料金は4,000円(税別)。
発表会に前田美波里さんと秋元梢さんが登場
発表会では、ブランドアンバサダーで女優の前田美波里さんとモデルの秋元梢さんがブランドの象徴である赤色の装いで登場した。

店内の水の装飾やBGMに心癒やされ、ラッピングサービスも気に入ったという前田さん。「このお店にはお買い物だけではなくたくさんの楽しみがございます。私の年齢でも楽しめます。お友達とご一緒に来て楽しんでいただけたら」。

秋元さんは、かざすだけで化粧品を試せる最新テクノロジーに感激した様子。「実際に体験していただきたいのはもちろん、遠くにお住まいの方への会えないからこそのギフトサービスも充実しています。日本のすばらしさが詰まっているのでぜひご利用ください」と呼びかけた。
バーチャルストアも同時オープン
オープンと同時にバーチャルストアも同店サイトに設置される。店舗に行かなくてもコンテンツを体験し、商品をECサイト「SHISEIDO 公式オンラインストア」で購入できる。

VRで店内を回遊し、知りたいコンテンツにカーソルを合わせると、コンテンツの紹介動画を視聴できる。2階で体験できる美容レッスンのコンテンツでは、BCが季節の肌状態に合わせたアドバイスやメイクのテクニックを紹介する動画を見ながら、自宅で実践できる。動画で使用する商品が表示され、クリックするとECサイトに遷移、そのまま購入が可能。

同ブランドのチーフブランドオフィサー岡部義昭氏は、「リアルとデジタルショップのダブルオープンは、今後のウィズコロナ時代に合わせた新しいストアのあり方を模索していく意味も含まれています」と話した。

また、サイト上でBCが商品や美容法を紹介するライブ映像を配信し、利用者がリアルタイムで BCとコミュニケーションしながら商品を購入できる「ライブコマース」を9月から開始する予定。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする