国に政治判断要請=「黒い雨」訴訟―広島市と県

広島市の松井一実市長は31日、記者会見で「黒い雨」訴訟の原告全員を被爆者と認めた広島地裁判決について、政府に受け入れる政治判断をするよう改めて要請したと明らかにした。
要請は県とともに、厚生労働省に対して30日に行った。原告団や弁護団からの申し入れ書を添えて、「黒い雨体験者の切なる願いを実現し、救済するため、今回の判決を重く受け止めていただきたい」と求めた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする