我慢せず食費を20%削減! 主婦の『買い物ルール』が、目からウロコ…

『節約』というと、食費を意識する人が多いのではないでしょうか。
2020年7月現在、食費にまつわるネット記事がきっかけで、Twitterでは『食費2万円』というワードが話題になりました。
節約はしたいけれど、無理はしたくないし、時々はぜい沢もしたい…。
そう思っていても、食費はなかなか思うように節約できないですよね。
2歳の息子と30代の夫を持つ、妻のAさんは、これまで毎月の食費における予算を、お米代込みで5万円と決めてやりくりしていました。
しかし、その予算ではいつも安定せず、時には1万円以上も予算をオーバーしてしまうことも…。
そこで、Instagramでやりくり上手な主婦の節約術をチェックし、買い物の仕方を真似してみたところ、食費の増減は安定。
最終的に、1万円以上の食費削減に成功し、3万5千円以内でやりくり出来るようになったそうです。
無理なく、食費を削減できたAさんが試した方法とは…。
食費がつい予算オーバーしてしまう人は、まずは冷蔵庫の中身を整理してみてください。
Aさんは食費が高くなってしまう時、冷蔵庫の中身がぐちゃぐちゃでした。
何の食材が入っているか把握しておらず、在庫がまだあるのに追加で買ってしまったり、結局使いきれずに無駄にしてしまったり…。その結果、食費が膨れ上がっていました。
そこで、何がどこにあるかわかるよう整理整頓し、冷蔵庫の中の食材が空になってから買い物をするようにしたところ、重複して買うことがなくなったのです。

「せっかく買った食材を無駄にしない」という姿勢がポイントですね!
スーパーへ行った際、買うつもりがなかった食材まで買っていませんか。
それまで週1でまとめ買いをする買い物の仕方をしていたAさん。
調味料などが足りなくなり、買い足すためにスーパーに行くと、買う予定ではなかったスイーツや美味しそうな惣菜・特売品などもついつい買ってしまい、気付いたら食費がオーバーしていました。
そこで、買い足すときは食材も販売されているドラッグストアに行くようにすると、商品がスーパーよりは限定されているためか、無駄遣いがなくなったそうです。
さらに、単品のスイーツを買い物ついでに買うのをやめ、簡単にできるお菓子の材料などを家にストックするように変更しました。
お店によって何を買うか、あらかじめ決めておくのもポイントです!
料理上手な人は、先に献立を決めて買い物をしても、食費をオーバーさせることは少ないかもしれません。
しかし、料理が苦手なAさんは、先に献立を決めてしまうと高いものをわざわざ買ってしまい、上手な買い物ができませんでした。
そこで、お店で安い野菜を選んでから献立を考えるようにすると、全体的な食費も減っていったそうです。
特に野菜や魚は、旬の時期によって安くなる物があります。
旬な物を中心に選んで常備菜を作ったり、野菜中心でメインの献立を考えるようにしたりすると、リーズナブルでボリューム感のある食卓になりますよ!
買い物上手は食費のやりくりも上手です。
予算をオーバーしてしまう習慣を見直して、無理のない形で食費の削減を目指しましょう!
AIPONさんの記事はこちら
※記事中の写真はすべてイメージ
[文/AIPON 構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする