高校生による“過剰包装廃止”署名、ブルボンの神対応に反響「取り組み報告も素晴らしい」の声

高校生を中心とした、「ブルボン」「亀田製菓」などの菓子メーカーにプラスチックの過剰包装を廃止するよう求めた署名に対してメーカー側が回答し、話題になっている。

この問題は、5月に都内の高校に通う女子高生によって立ち上げられたもの。菓子メーカーで行われているパッケージ包装や個別包装、プラスチックトレーに対し大量のゴミが出ると指摘し、過剰包装をやめることでプラスチック削減になるとしており、7月下旬までに1万7000以上の署名を集めていた。

>>女子高生の制服にドレッシングを吐いた男が逮捕 かつて話題になった「マヨネーズ男」か<< しかし、個別包装については「分け合う際に絶対に必要」「個別包装がなかったら一度に食べ切らなくてはならない」などの反発がネット上に殺到する事態に。大きな騒動となっており、7月28日に亀田製菓、29日にブルボンに署名が提出された後、メーカー側がどう対応するのか注目が集まっていた。 そんな中、ブルボンは29日に自社ホームページ上で「プラスチック包装削減のご意見と署名の受領について」という文書を発表。その中で、今回の署名を受け取ったことを明かし、「この度のプラスチックごみの削減の趣旨につきましては、全くその通りであり当社と方向性が一致するものと考えています」と賛同した上で、包装は食品の保護や安全性の確保のため、トレーは商品の状態を保持するため、個包装は開封後の商品保存とシェアの際も アレルギー表示を伝える目的で使用しているとし、現在自社が取り組んでいるプラスチック削減の取り組みを改めて報告していた。 この対応に対しネットからは、「これは神対応!」「高校生を一人の消費者として自社の取り組みも報告するって素晴らしいな」「高校生を相手にちゃんと意見を受け止めつつ丁寧に回答するってすごいな」という称賛の声が多く寄せられている。 また、亀田製菓も6月10日にツイッターを通じ、署名に対して「実は、亀田製菓は2030年までに全商品を環境に配慮した包装に変えていきます!小さなパッケージの大きなチャレンジ!!」とすでに行っている取り組みを報告していた。 女子高生への理不尽なバッシングも問題視されたこの騒動だが、メーカー側の適切な対応に多くの感心の声が寄せられていた。 記事内の引用について ブルボン公式サイトより https://www.bourbon.co.jp/ 亀田製菓公式ツイッターより https://twitter.com/Kameda_JP

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする