7月台風発生なし=統計史上初―気象庁

南シナ海の中国・海南島近くにある熱帯低気圧が31日夜までに台風に発達せず、気象庁の1951年の統計開始以来、7月の台風発生が初めてゼロとなった。今年は5月12日にフィリピンの東海上で1号、6月12日に南シナ海で2号が発生しただけにとどまり、7月末までの発生回数は1998年の1回に次いで、2番目に少なかった。
南シナ海の熱帯低気圧は31日午後9時、海南島近くの海上を時速10キロで西北西へ進んだ。中心気圧は998ヘクトパスカル、最大風速は15メートル。8月1日に最大風速が台風の基準である約17メートルに達する可能性がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする