内装業男性、死因は肺挫傷=飲食店爆発―福島

福島県郡山市で改装工事中の飲食店が爆発し、20人が死傷した事故で、福島県警郡山署は31日、亡くなった内装業者の男性の死因が爆発で強い衝撃を受けたことによる肺挫傷だったと明らかにした。前日の作業終了後に何らかの原因で漏れたガスに引火したとみられ、警察と消防は現場検証を続け、詳しい事故原因を調べる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする