さいたま市の“集団感染”でキャバクラ店の店名公表

従業員8人の感染が確認されていた、さいたま市のキャバクラ店で新たに従業員4人が感染していたことが分かりました。市は店名を公表し、利用客に対して保健所に連絡するよう求めました。
さいたま市:「顧客名簿みたいなものがあるわけではなさそうなので、(キャバクラ店に)行かれた方については広く呼び掛けをしたいと思う」
さいたま市大宮区のキャバクラ店「クラブ・グランデ」では、これまでに従業員8人の感染が確認されていましたが、29日に新たに4人の感染が判明し、従業員の感染者は合わせて12人になりました。市は店側の承諾を得たうえで店名を公表し、17日から約1週間、店を訪れた客に対して保健所に連絡するよう求めました。市によりますと、この店では客が入店する際に手を消毒するよう協力を求めていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする