1日で300万円稼ぐ“ドライブスルー魚屋”も登場 コロナ禍で見直された販売形態の魅力

新型コロナウイルスの感染拡大と共に、ドライブスルーに注目が集まっている。

緊急事態宣言によって、感染を恐れた顧客が店内飲食を避けるようになった。その結果、人との接触の機会が少ないテークアウト、とりわけドライブスルーに強い業態のみに売り上げが集中したからだ。

上場している外食チェーンの既存店売上高を見ると、コロナ禍で前年同月を上回ったのはケンタッキーフライドチキン(4月は133.1%、5月は137.6%、以下同)、マクドナルド(106.5%、115.2%)、モスバーガー(103.7%、112.2%)の3社のみだった。

既存店売上高が3割増と驚異的な伸び率となったKFCによると「国内約1130店のうち、約400店でドライブスルーを実施している。緊急事態期間中、ドライブスルーの伸び率が最も高かったのは確か。ドライブスルーをテーマにしたCMや、500円ランチなど普段使いできるセットを強化してきた効果もあった」とのこと。

マクドナルドでは、「国内2900店のうち、ドライブスルーは半分以上の約1500店で実施している。お待たせしないスピードもサービスの重要な要素と考え、クルーは店内と変わらないホスピタリティ提供に努めている」と、接客時の心構えによって顧客満足度が高くなったと強調した。また、トミカなどとコラボしたハッピーセットの企画も強力だった。

モスでも「国内約1280店のうち、ドライブスルーは半分ほどの約600店で設置している。4月頃よりドライブスルーの売り上げは1.5倍に増えていて、全売り上げの約3割がドライブスルーになっている」としており、ドライブスルーが業績アップに大きく寄与している。

くら寿司や幸楽苑もチャレンジ
丼系の吉野家(96.0%、92.7%)、かつや(89.6%、97.7%)、すき家(88.1%、90.8%)は、もう少しドライブスルーを強化していれば、前年並みの売り上げを保持できたと推定される。

吉野家では、国内約1200店のうち約260店でドライブスルーを併設している。郊外であまり強いチェーンではないが、最近オープンした郊外型店ではほぼ設置するようにしているという。「通常は3割あるテークアウトの売り上げが、4月と5月は6~7割になっていた。正確にデータを取ったわけではないが、体感としてドライブスルーも急増した」(吉野家・広報)としている。

コロナ禍が猛威を振るう状況では、ドライブスルーが有効な対策になると痛感した外食各社では、新規に導入する動きが加速。くら寿司、幸楽苑などといったチェーンが、チャレンジしている。

そればかりか、レストランやホテルに食材を販売する生鮮卸が、外食・宿泊需要の急激な縮小で余った商品をドライブスルーで販売するために、八百屋、肉屋、魚屋を続々とオープンさせている。そして、しっかりとリピーターを獲得し、定期的に販売する店に進化している。コロナ禍を逆手に取り、花開いたさまざまなドライブスルーの試みを紹介して行こう。

「鬼滅の刃」とのコラボが大当たり
回転寿司は緊急事態下での時短・休業が響き、4~5月は大幅に既存店売上高が減少した。一方で、テークアウトの売り上げが倍増したチェーンが続出。

その中でも、くら寿司は大阪府内で実験的に導入していたドライブスルーを、5月15日から全国10店に順次拡大した。さらに効果が認められたことから、駐車スペースが広い全国100店強にまで、大幅に拡張する。

注文方法は次の通り。まず、顧客は「くら寿司アプリ」をスマートフォンにインストール。アプリを起動させて、店内飲食か持ち帰りかを選択する画面が表示されたら、持ち帰りを選択する。ドライブスルー対応店では、通常の持ち帰りか、車での受け取りかを選べるので、後者を選択し、時間を指定して、商品を選ぶ。お店に着いて到着ボタンを押すと、店員が商品を車まで持参する。決済はクレジットカード等で、事前で行ってもらう。

同社では、5月にテークアウトの売り上げが前年同月の3倍となった。くら寿司の帽子付きで、家でお寿司屋さんごっこが楽しめるシャリとネタを別々にしたお持ち帰りセットが、小さい子どものいるファミリーに好評。家族で握りや手巻きの寿司をつくって楽しんだ写真が、SNSに数多く投稿された。

6月12日には人気アニメ・漫画「鬼滅の刃」とコラボして、税込2000円以上を購入した顧客にクリアファイルをプレゼントする企画が当たって、平日としては最高の売り上げを記録した。

くら寿司はもともと「鮮度くん」という鮮度を保つ透明のプラスチックの蓋が付いた皿をレーンに流しているが、「防菌寿司カバー」としての安全性をアピールするようになった。また、タッチパネルが不安な顧客もいるので、同アプリで注文できる体制を整えた。さらに、カウンターには間仕切りを設置した。

店の内外共に新しい生活様式への対応が進み、ドライブスルーを含めたテークアウトとの使い分けを提案して、売り上げが急回復している。

ラーメンの持ち帰りにも商機
持ち運びの途中で麺が伸びてスープが冷めてしまうイメージが強いため、麺類のテークアウトには消極的なチェーンが多かった。また、ドライブスルー設置の動きも鈍かった。しかし、コロナ禍でそうも言っていられなくなった。

幸楽苑では5月27日から、本社のある福島県郡山市内の4店舗で、試験的にドライブスルーを始めた。7月1日には群馬県内の3店が加わった。テークアウト専用のチャーハンやギョーザなどを組み合わせた弁当を中心に、ラーメンも販売している。

ラーメンの持ち帰りには、専用の容器を使う。麺と汁と具材が分かれていて、食べる時に合わせる形式なので、麺が伸びにくい。また、容器代として別途60円が加算される。

北陸を中心に国内で120店ほどを展開する「8番らーめん」では、10店でドライブスルーに対応。7月には、3店が新しく加わる。

同社・広報によれば「5月は半分がテークアウトだったが、今は店内利用が増えて売り上げも8割戻った」とのことだが、依然としてドライブスルーの需要は高いと見ている。

同チェーンでは、テークアウトでも完成した形で提供されるが、テークアウト用にのびにくい麺と紙製の容器を使い、10~15分後に食べ頃になるように工夫されている。

リンガーハットは皿うどん推し

リンガーハットでは約700店あるうちの87店で、ドライブスルーを実施。“あん”が具材に掛かっていて冷めにくいことから、テークアウトでは皿うどんを推している。2時間後でも60度にキープされているという。容器は、麺の上に中皿があって、中皿の上に具材が盛られ、食べる際に麺に掛ける。

ちゃんぽんも、テークアウトでは麺とスープをフィルムで分離した容器で提供される。食べる時にフィルムを抜くと完成する形式なので、麺が伸びるという問題が改善されている。

系列のとんかつ店「濱かつ」でも、約100店中7店でドライブスルーを設置している。同社・広報は「緊急事態の外出自粛期間中は、ドライブスルー利用者が増えた」と、効果を実感している。

本格的なレストランもチャレンジ
本格的なレストランでも、ドライブスルーにチャレンジする動きがある。都内に8店を構えるサニーテーブル(東京都渋谷区)では、4月末から3店で順次ドライブスルーを含めたテークアウトを導入。食中毒のリスクから、青山の「カシータ」と「青山食堂」では6月にサービスを終了するが、江古田の食堂「えごたいえ」は7月も継続する。

メニューは、日替わりのお肉やお魚の弁当(税込650円、以下同)の他、牛サーロインステーキ(オーストラリア産、2600円)、ロブスターのトマトクリームパスタ(1800円)のようなアラカルトもある。真空パックに調理済みの肉・魚と野菜とソースを別々に入れて販売し、家でお皿に盛り付けてレストランの味が楽しめるといった、新しい提案も行った。

また、個人営業のレストランが集まって、広い駐車場を借り、ドライブスルーの弁当市を開催する動きも目立った。富山商工会議所青年部有志が4月3日に始めて以来、全国に広がった「テイクアウトマルシェ」と呼ばれるものだ。富山市内の10~15店が集結し、1日に最高で1000食を販売した会場もあった。オープンから1時間もしないうちに完売するケースも多い。店舗の営業が本格的に再開されつつあるので、富山県内では順次終了している。

一方、6月29日から富山市本郷会場では、ドライブスルーではなく車から降りて商品を購入する方式で、平日夕方に再開した。また、土日には席を設けてビアガーデンになる。さらに、富山市の婦中会場では7月2週から、金・土・日曜限定で、「ビアガーデンマルシェ」として継続する予定だ。

ドライブスルーの肉屋や魚屋が人気
港湾に近い倉庫街や卸売市場の一角で、ドライブスルーの八百屋、肉屋、魚屋を開設して、成功する例も続出している。緊急事態による飲食店の営業自粛で、大量に売れ残った食材を、廃棄するのでなくて、何とか消費者に届けられないかと生産者支援の視点で企画されたものだ。

約4500店の外食向けに青果卸を営むフードサプライ(東京都大田区)では、4月9日から東京と千葉の物流センターで、自社農園や契約農家から仕入れた野菜をドライブスルーで販売。鮮度が高く、接触が少なく安心して買えることから人気が高まり、全国16カ所にまで拡大している。1日に1会場で300セットくらいが売れる。

ネットや電話で予約を受け付け、取りに来てもらうスタイルだが、在庫があれば当日でも買える。決済は、当日に現金で行う。開催日は、週に1~3回で土曜日が多い。価格は、旬の野菜20品目に、卵やお米5キロが付いて5000円。米なしだと3500円。商品は段ボールに詰められ、卸売価格で提供。車が到着すると、スタッフがトランクまで段ボールを運んでくれるので楽だ。

都内にある京浜島の自社工場で、ドライブスルー肉屋を営むのは、業務用卸のコダマ(東京都大田区)。自粛の影響で外食への出荷が減ったが、賞味期限の短い食材を廃棄するのではなく、消費者に味わってもらいたいという趣旨で始めた。5月1日に開始し、6月までは週に3回開催していたが、7月からは週末1回に変更する。価格は3.4キロ以上のハムやソーセージなどが入って4000円。手作りパンのサービスもある。

高級マンションの利用者が多い
約3000店の飲食店に鮮魚を卸売りするかいせい物産(東京都中央区)では、5月9日から都内の豊海水産埠頭にある自社工場で、ドライブスルー魚屋を開いている。現在は、大阪、名古屋、千葉にも拡大している。当初は毎日のように開いていたが、今は土曜日に開催している。

商品は中とろマグロ、干物、魚卵のセットが各5000円。干物小サイズ3500円。他にも、館山の漁港から直送された朝獲れの鮮魚セット、季節品の鰻の蒲焼、顧客からの声で販売するようになったフライやクリームコロッケのセットなどもある。価格はスーパーよりも2~5割安く、品質を考えればお得感が大きい。リピーターが多く、もう8回も買いに来た人もいるそうだ。1回の開催で300万円ほどを売り上げる。

同社の宮崎成人社長によれば、「豊海では、近くにある勝どきの高級マンション街住民の利用者が多い。ドライブスルー魚屋は、曜日で開催する朝市のように定着していくのではないか」と語る。高級マンションの住民は、主に友人を呼んでホームパーティーをする用途で、魚を買っているとのこと。ドライブスルーの八百屋も肉屋も、同様な購入動機が高いのだろう。

日本初のドライブスルーは、1965年に東京・日本橋の山本海苔店が本社新社屋竣工と共に設置したものだ。当時から海苔は接待を含め贈答の需要が高かった。百貨店が夕方6時には閉まっていたのに対し、夜8時まで営業して、たいへん喜ばれたが91年の新館建設の際に閉鎖された。

本格的な郊外型のドライブスルーは、モータリゼーションの普及を視野に入れ、77年に東京都杉並区高井戸の環八通り沿いに日本マクドナルドが設置したとされているが、異説もある。

今また、新しい生活様式でドライブスルーが再評価されており、その進化から目が離せない。

(長浜淳之介)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする