朝は高知県で猛烈な雨 近畿や東海でも激しい雨を観測

30日の朝は、高知県香美市で1時間に80ミリを超える猛烈な雨を観測。近畿や東海にも発達した雨雲がかかり、激しい雨の降っている所があります。
太平洋側を中心に発達した雨雲がかかる

きょう30日は、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。明け方から朝にかけては九州南部や四国を中心に発達した雨雲がかかり、高知県香美市では1時間に81.5ミリと、猛烈な雨を観測。高知市や宮崎県都城市、鹿児島県鹿屋市でも1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降りました。午前11時現在、近畿や東海にも発達した雨雲がかかっており、兵庫県神戸市や三重県熊野市など、激しい雨の降っている所があります。
九州から関東甲信 大雨のおそれ

九州南部は夕方にかけて、四国は昼過ぎにかけて局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。近畿や東海、北陸でも激しい雨の降る所があり、道路が冠水したり、アンダーパスなど低い場所に水が流れ込んだりしそうです。強い雨のエリアはさらに東へ広がって、関東甲信も夕方以降は激しく降る所があるでしょう。低気圧の動きが遅いため、あすにかけて激しい雨が長く降り続いて、大雨となるおそれがあります。このあとも最新の情報を確認してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする