コロナ禍でも絶好調のニトリ 2割増益の3~5月期、2つのポイント

ニトリホールディングス(HD)の業績が好調だ。6月25日に発表した2020年3~5月期(第1四半期)の連結決算では、純利益が前年同期比25%増。3~5月は新型コロナウイルスの感染が拡大した時期に当たり、外出自粛の影響で消費全体が低迷する中、大幅な増益となった。期間中は一部店舗で臨時休業も実施したが、在宅需要とEC需要を取り込めたことが好決算につながった。

20年3~5月期の売上高は3.9%増の1737億円、営業利益は22.3%増の372億円、純利益は25.4%増の255億円だった。既存店の実績をみると、売上高(受注ベース)は2.0%増。客単価は3.5%減っているものの、客数は5.7%増加した。単価が高い家具商品の売り上げ構成比が縮小したことで客単価は伸びなかったが、全体的には多くの需要を取り込んだといえそうだ。

緊急事態宣言が出た後は、最大110店舗の臨時休業や営業時間の短縮を実施。4月の売上高は前年を下回る傾向だったが、徐々に好転した。営業継続店舗や通販によって売り上げをカバーできたという。

では、どのような需要を取り込むことができたのか。開示資料によると、白井俊之社長は決算説明会で「外出自粛による消費需要の高まりにより、ホームオフィス家具、簡易家具・収納整理品、ダイニング・キッチン用品等が好調に推移した」と説明。自宅で時間を過ごしたり、急な在宅勤務に対応したりするための商品のニーズが拡大した。

具体的には、仕事などに使うデスクや椅子が好調だった。デスクはシンプルで組み立てやすく、コンパクトな商品が売れ筋。椅子は座り心地やデザインを考慮した商品が選ばれる傾向があった。幅広い価格帯の商品が選ばれているという。

仕事以外でも、自宅で過ごす時間が増えたことで販売が好調だったのが、収納や整理に使うカラーボックスやバスケットだ。また、全般的に好調だったダイニング・キッチン用品では、食器類のほか、滑り止め加工を施したトレーなどが人気商品となっている。

通販事業は4割増、EC拡大の体制も構築していた
臨時休業などを行い、店舗営業に制限があったにもかかわらず、外出自粛によるニーズ拡大に対応できたのは、ECサイトの役割も大きい。店舗では、積極的にECでの購入を呼び掛けたという。その効果もあり、通販事業は売上高、客数ともに過去最高を更新した。

通販事業の20年3~5月期の売上高は40.9%増。近年は毎年売上高を伸ばしていたが、今期は特に大幅な成長となった。

EC全体のニーズは外出自粛が呼び掛けられたことで拡大したが、ニトリではそれ以前からECに注力してきた。それも好調の要因だという。19年夏にECサイトをリニューアルし、大量の注文に対応する体制を整えていた。

在宅とECの需要を取り込む傾向は同業他社でも見られる。「無印良品」を展開する良品計画が公表している5月の販売状況では、来店客数が大幅に落ち込んだ一方、オンラインストアの販売は好調だったと説明している。また、生活小物と食品のほか、ホームオフィス需要の関連商品が堅調だったという。それでも、実店舗とオンラインストアを合わせた既存店売上高は、前年同月比約30%減と、大きく落ち込んだ。営業縮小や客数の落ち込みによる影響は大きかったようだ。

3~5月を大きく落ち込むことなく乗り切ったニトリは、6月も好調を維持。6月度(5月21日~6月20日)の既存店売上高は前年同月比47.4%増と大幅に伸びた。客数も増加しているほか、前年を割り込む状況が続いていた客単価も回復している。

感染状況が予断を許さない中、拡大した在宅需要は当面、縮小することはなさそうだ。特に、“一時的な在宅勤務”から“テレワーク制度の導入”に切り替えを進める企業も増えており、自宅の仕事環境を整えるニーズの拡大が見込まれる。

ニトリHDは、20年2月期に33期連続の増収増益を達成している。21年2月期も、通期の業績予想は売上高が前期比1.7%増の6532億円、純利益が6.0%増の757億円。未曽有の事態に見舞われた今期も、商品ニーズへの対応やEC連動といった取り組みを続けることで、記録の更新が見えてきそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする