北海道大学の総長を解任 職員へのパワハラ問題で

北海道大学の名和豊春総長がパワーハラスメントをしたとされる問題で、萩生田文部科学大臣は30日付で名和総長を解任したことを明らかにしました。
北大の総長選考会議は去年、名和総長が職員にパワハラをしていたとして解任することを文科大臣に申し出ていました。これを受けて萩生田大臣は30日付で解任する通知を名和総長に出したことを明らかにしました。
萩生田文科大臣:「(選考会議から)厳しい声が一部でなく、全体的に意見が上がってきたのは、現場としてそういう問題があったと判断せざるを得ない」
名和総長はANNの取材に対して「解任にあたる行為はしていない」として処分取り消しなどを求める法的措置について検討しているとしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする