“強盗”後に“立てこもり” 被告「間違いない」

今年1月、千葉県内の郵便局から現金を奪った後、島根県内の物流会社で人質を取って立てこもったなどの罪に問われている男の裁判が始まりました。男は起訴内容を認めました。
千葉市の無職・中尾懐聖被告(23)は今年1月、千葉県市原市の郵便局で職員を刃物で脅して7万5000円の現金を奪い取った罪に問われています。さらに、その1週間後、島根県出雲市の物流会社で人質を取って立てこもった罪などにも問われています。今月30日の初公判で中尾被告は「すべて間違いありません」と起訴内容を認めました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする