5月の完全失業率、3年ぶり高水準 – 有効求人倍率、46年4カ月ぶり下げ幅

総務省は6月30日、2020年5月の労働力調査(速報)の結果を発表した。それによると、5月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.3ポイント上昇の2.9%となった。新型コロナウイルスの影響を受け、3カ月連続で悪化し、2017年5月(3.1%)以来、3年ぶりの高水準を記録した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする