25年ぶり新造ジェット船「セブンアイランド結」が就航へ

ジェットフォイル初のバリアフリー船!
新造ジェットフォイル「セブンアイランド結」(画像:川崎重工業)。
川崎重工業が同社神戸工場で建造していたジェットフォイルが2020年6月30日(火)に竣工し、共同発注者である東海汽船および独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構へ引き渡されました。「セブンアイランド結(ゆい)」の名で、7月13日(月)より東海汽船の東京~大島~利島~新島~式根島~神津島航路に就航します。
ジェットフォイルは、水中翼によって船体を海面から完全に浮上させて翼走する超高速船で、80km/h(43ノット)以上の航行が可能。今回の船は全長27.36m、幅8.53m、深さ2.59mで、総トン数は176t、旅客定員は241人です。
ジェットフォイルはもともと、ボーイング社が航空機技術を駆使して開発し、川崎重工がその製造および販売権を引き継ぎ、1995(平成7)年までに15隻を建造しました。今回のジェットフォイル新造は実に25年ぶりで、同社は現在、世界で唯一のジェットフォイル製造メーカーだそうです。
「セブンアイランド結」は、美術家の野老朝雄(ところあさお)さんが船体デザインを担当。「本土と島を結ぶ」ことをイメージし、伊豆諸島沖を流れる黒潮のような藍色「TOKYOアイランドブルー」をまとったカラーリングが特徴だそうです。またこの船はジェットフォイル初のバリアフリー船であり、1階と2階をつなぐ階段に昇降式チェアや多目的トイレなどを備えるほか、車いすで使いやすい座席も設定しているといいます。
今後は、就航先の各島において入港や接岸の訓練などが行われ、7月13日(月)、東京(竹芝)朝8時50分発の神津島行きとしてデビューする予定です。
東海汽船は、新型コロナウイルスの影響で渡島自粛が続いた島々に、この新造船が就航することで、「ご利用のお客様に元気と笑顔を与え、他の船舶とともに本土と島を結ぶ架け橋の役割を担ってまいります」としています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする