気象科学館が移転開館=東京・虎ノ門に―気象庁

天気予報や台風、地震、火山などについて学べる気象庁の「気象科学館」が7月1日、東京都港区虎ノ門の新しいビルでリニューアルオープンする。このビルには同庁が11月に千代田区大手町から移転する予定で、気象科学館が一足先に移った。
移転を機に約2倍に広くなり、周囲360度の映像を楽しめるシアターが整備された。津波や台風の仕組みを学べる装置もある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする