「旧優生保護法」不妊手術は違憲 損害賠償は認めず

「旧優生保護法」不妊手術は違憲 損害賠償は認めず 旧優生保護法に基づく不妊手術を巡り、東京都内に住む被害者の男性が国に損害賠償を求めている裁判の判決で、東京地裁は「原告に対する不妊手術は、憲法で保護されている自由を侵害するものだった」と指摘しました。一方、国の賠償責任は認めず、男性の訴えを退けました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする