河井克行容疑者から現金 “丸刈り市長”が辞意表明

頭を丸めて謝罪した市長が辞意を表明しました。
広島県安芸高田市・児玉浩市長:「今の現状を打開するために私が退くことがベスト」
安芸高田市の児玉市長は県議だった当時、河井克行容疑者から2回に分けて現金60万円を受け取ったことを認め、1回目は受け取り、2回目は買収にあたると考えて数回に分けて返したと説明していました。市役所には辞職を求める意見が相次いでいて、児玉市長は29日、市議会議長に辞表を提出して受理されたということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする