フジのオウム特番、人権侵害なし=BPO

放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会(奥武則委員長)は30日、オウム真理教事件の松本智津夫元死刑囚ら7人の刑執行を報じたフジテレビの特別番組について「人権侵害はなく、放送倫理上の問題もない」とする決定を発表した。
同委は、番組を「極めて公共性の高い出来事を公益を図る目的で放送したもの」と指摘。顔写真の一覧表上に「執行」のシールを貼ったのは、分かりやすく伝えるためで「敬愛追慕の情を許容限度を超えて侵害するものではない」と判断した。
番組は2018年7月6日に生放送。元死刑囚の三女が「死刑をショーのように扱った」などと申し立てていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする